スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年度キャスティング大会結果報告

キャスティング大会の結果をご報告いたします。
・開催日 平成28年度12月18日(日)
・開催場所 神奈川工科大学グラウンド
・参加人数 10名+ゲスト参加1名
・参加大学 成城大学 神奈川工科大学
・競技規定 全日本学生釣魚連盟公式ルール

結果

スピニング両手投げ競技
順位
・優勝 伊藤悠希(成城大学)      70.08m
・準優勝 工藤翼(神奈川工科大学)  47.87m
・3位  坂田祐輝(神奈川工科大学)  46.94m

・参考記録
松原和裕(東京海洋大学OB) 84.35m

スピニング的当て競技
順位
・優勝 石井孝一(神奈川工科大学) 
・準優勝 西尾祐希(神奈川工科大学) 
・3位 坂田祐輝(神奈川工科大学) 


 この度はお忙しい中キャスティング大会へのご参加ありがとうございました。
今年度は前年度とは違い的当て競技を行うことになりましたが、ご参加していただいた方々のご協力もあり、特に問題なく進行させることができたことをお礼申し上げます。
来年度の大会を今以上のものにするため善処させていただくので、次回の大会もご参加していただけると幸いです。
最後に、繰り返しですが今大会にご協力していただいた方々に心からお礼を申し上げます。

協賛企業様(敬称略・順不同)
株式会社がまかつ
マルキュー株式会社
クレハ合繊株式会社
グローブライド株式会社

今大会においてもご協賛品をいただき、誠にありがとうございました。
今後とも学釣連をよろしくお願いします。

キャスティング大会実行委員長
酒井俊輔 (神奈川工科大学)

キャスティング集合写真
スポンサーサイト

2016年度キャスティング大会要項

全日本学生釣魚連盟関東支部
キャスティング大会開催のお知らせ
【開催日】
12月18日(日)
【開催場所】
神奈川工科大学グランド
【受付開始時間】
午前10時
【参加費】
800円

【大会の流れ】
受付開始
 ↓
スピニング両手投げ距離競技
 ↓
休憩
 ↓
的当てトーナメント
 ↓
記録集計
 ↓
結果発表、表彰

【必要用具】
スピニング両手投げ競技
ロッド 両手投げならどんなものでも可
リール スピニングリールのみ
ライン 道糸…直径0.25mm以上のもの
リーダー…直径0.35mm以上のもので、キャスト時に少なくともスプールに1回転以上巻きつけてあること。
オモリ 18グラム

【競技規定】
全日本学生釣魚連盟公式ルール
コートについても公式コートを採用
5投のうち、成績が良い3投の平均の飛距離
オモリが静止した地点をオモリの先端から最も近い距離表示ラインとの最短距離で計測。
【的当てトーナメント】
本協議のキャスティング大会での3投擲目終了時より開催します。
片手投げならばロッド、リール、ラインなど道具は問いません。
遠投競技で使用したオモリを使用し、3分間の制限時間内により多く的を当てた選手の勝利。
参加者の人数により変化しますが、数人が横一列に立ち、正面に的を置いて的中心から8,10,12,14,16メートルの各位置から順に投げ、的に2回当たれば8メートルから順に後ろに下がり投げていきます。
的に当たったかの判断は1人の審査員を指定して進めていきます。
当てた回数が同じ場合、時間終了時に投げていたメートルの位置から早く的に当てた人の勝利とします。
人数によりますが、予選の上位1位が決勝トーナメントに進めます。
以上
質問等がございましたら下記番号にご連絡ください

問い合わせ先
〒243-0203
神奈川県厚木市下荻野1043-21 第3愛和ハイツ203号室
携帯 080-4252-3352
メールアドレス s_syunsuke0924@icloud.com
酒井 俊輔

2016年度 学釣連関東支部 キス五目釣り交流会結果

開催日:11 月27日 (土)
場所:吉野屋
参加人数:6名
参加大学:学習院大学、千葉工業大学

今回は、他大学との交流もかねてキス五目釣り交流会を行いました。参加人数が6人と多くはありませんでしたが、いろいろと学ぶことができ親密な関係を築けたと思います。

 今回は、初心者の方や、船釣りはしたことがないという方が多くみられました。キス釣りは、仕掛けがシンプルのため初心者の方でも釣りやすい魚なので参加者全員が楽しみながら釣りができたと思います。また、外道としてマダイやメゴチ、イイダコ、イシモチなどの魚もみられました。天気は曇り空で雨が降るという予報も出ていましたが、釣りの最中は風もなく比較的に釣りやすい環境でした。ポイントまで1時間ほどかかったので寒さや酔っている方がいないか心配でしたが無事に皆が釣り始めができたのでよかったです。初心者の方には、船長が優しく釣り方をレクチャーしてくれました。おかげで全員が釣り上げることができ、経験者の方は40匹以上釣り上げた方もおられました。初心者の方でも10~20匹ほど釣り上げることができました。今後も学釣連では初心者でも楽しめるキス釣り等を企画できたらよいと思いました。

最後になりましたが、参加者全員のおかげで楽しい交流会になったと思います。
ありがとうございました。


学釣連関東支部ルアー・フライ大会実行委員長 大西正道 (千葉工業大学)


image1.jpg
image2.jpg

2016年度 学釣連関東支部へら釣り大会結果

・開催日:2016年10月2日
・場所:府中へら鮒センター
・参加人数:7名(4名欠場)+ゲスト参加2名
・参加大学:東京海洋大学、千葉工業大学


 上位入賞者
・優勝 竹内知朗(東京海洋大学4年) 27.30㎏ 66枚
・準優勝 本間樹(千葉工業大学1年) 16.89㎏ 47枚
・3位 岩下直貴(東京海洋大学4年) 11.76㎏ 27枚
 特別賞
・新人賞 本間樹(千葉工業大学1年) 16.89㎏ 47枚


 今大会は、予定では11名の参加となっておりましたが、当日4名の欠場により、7名での競技となりました。当日は、ゲストとして2名の方にも参加していただきました。経験者は各々の釣り方で枚数を稼ぎ、激しい上位争いが見られました。また、初心者もゲストの方からの指導で、エサの配合、タナの調節など、ヘラブナ釣りのノウハウを存分に学んでおりました。競技後は、上位者の景品、参加賞の授与等行いました。景品は全員にいき渡り、大会を最後まで大いに盛り上げることができました。

 ヘラブナ釣りは、道具、釣り方が非常にシンプルで、そこが一番の魅力であります。ヘラブナ釣りは、リールを使わず、浮きで魚のアタリをとっていきます。実にシンプルな釣りです。シンプルだからこそ、釣り人は様々な工夫を凝らし、魚との駆け引きを一層楽しむことができるのではないでしょうか。今日、ヘラブナ釣りはルアーフィッシングをはじめとした他の釣りと比べて、我々学生の間ではメジャーな釣りとは言い難いと思います。私自身、ヘラブナ釣りの経験はそこまで深くありません。しかし、昨年、今年とこの大会に参加して、ヘラブナ釣りに魅せられたことは間違いありません。そして、より多くの方々に、この魅力を知ってもらいたいと思っております。この学釣連関東支部へら釣り大会は、ヘラブナ釣りをしたことのない方、そして釣りをしたことのない方にとっても、この釣りの良さを知っていただける良い機会になると思います。今年度の大会に参加された方はもちろん、参加できなかった方も是非来年度の学釣連関東支部へら釣り大会に参加してみてはいかがでしょうか?

 最後になりましたが、協賛いただいた各企業様、ゲスト参加してくださった松原様、嵯峨様、そして参加者の皆様のお陰で盛会のうちに終えることができました。心から感謝致します。



学釣連関東支部へら釣り委員長 細川仁(東京海洋大学)



・協賛企業様(敬称略・順不同)
株式会社がまかつ
マルキユー株式会社
広松水産株式会社
株式会社ワールドスポーツ
株式会社サンライン
株式会社ペイジメーカー
株式会社シマノ
株式会社ハヤブサ
株式会社モーリス
株式会社フジノライン

・会場提供
府中へら鮒センター様


2016 ヘラ釣り
IMG_4494.jpg

2016年度学釣連関東支部へら釣り大会要項

【会場と日程】
 平成28年10月2日(日)、府中へら鮒センター(東京都府中市南町2-19-5)で開催いたします。天候不順等で開催できない場合は延期いたします。

7:00 受付開始
7:20 受付終了
7:30 ルール説明、入場

8:00 午前の部競技開始
11:00 午前の部競技終了

11:30 午後の部競技開始
14:30 午後の部競技終了

15:00 表彰式、抽選会

【参加資格】
 大学生、短大生、専門学校生、大学院生並びにOB、OG。

【ルール】
・府中へら鮒センターの規則に則って行います。
・竿は7~17尺(2.1m~5.1m)までの使用とします。
・針は2本付けるものとします。
・オカメ・一発等の角麩えさ、ミミズ等の生えさは禁止エサとします。
・仕掛けは竿先より先に投入して釣りを行ってください。(手前の魚は釣らないでください)
・タナは浮き止めから第一オモリまでの長さを1メートル以上取るものとします。これは
 1メートル以浅の魚を釣ってはいけないという意味です。従ってエサ投入から浮きが完全
 に立つまでのアタリで釣らないで下さい。釣れてしまった場合は池にそのまま戻して  
 下さい。
・スレ掛かりは検量しないで下さい。釣れてしまった場合は池にそのまま戻してください。
・一度に二匹魚が釣れた場合、一匹ずつ計量器に乗せて計測を行ってください。一度に二匹
の魚を乗せないでください。
・午前の部、午後の部それぞれの競技開始から終了時間までに釣ったヘラブナの総重量で順
位を決定します。
・午前の部と午後の部の間の休憩時間において魚を釣ることは禁止とします。
・大学院生の成績は記録となります。またOB、OGの成績は参考記録とします。

 以上の規則が守れない場合は当該参加者に失格等の罰則を科します。また、以上の規則以外で悪質な行為があった場合にも当該参加者に注意、罰則を科す場合があります。また、事前練習や大会競技中における事故や損失等の責任を主催者側は一切負いません。責任は各自にあるものとします。釣り場でのマナーも大切にして下さい。

【表彰】
 入賞:上位者3名   レディース賞:1名   新人賞:1名

【参加費】
 連盟加入者:1000円 非加入者:2000円
連盟員の方は参加費徴収の際必ず連盟員証の提示をお願いします。また、参加費とは別に当日は府中へら鮒センターの利用料金2400円が必要です。

【参加申し込みに関して】
 参加の申し込みは9月22日(木)までに下記の連絡先に参加者の氏名、大学、学年、性別、連盟加入の有無を記入してメールで連絡してください。なるべく各校の代表者が取りまとめて連絡するようにしてください。こちらで確認しましたら折り返し連絡いたします。

【連絡先】
全日本学生釣魚連盟関東支部へら釣り委員長
細川仁(東京海洋大学)
Tel:090-3065-6400
E-mail:miami.jinjf.0604kb@gmail.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。