FC2ブログ

第14回シーバス大会結果報告

第14回学釣連シーバス大会結果報告
2019063019054566b.jpeg

参加者集合写真

【開催日】5月19日

【参加人数】 23名

【参加大学】 東京海洋大学
       慶応大学
       城西大学
       法政大学
       日本大学
       横浜薬科大学
       国士舘大学
       千葉工業大学
       東海大学     以上9校
 
【入賞者成績】
1位 高橋佑太 (千葉工業大学) 121cm (60cm,31cm,30cm)

2位 竹内礁 (横浜薬科大学) 91㎝(37㎝、29㎝、25㎝)

3位 今岡史弥 (東京海洋大学) 89㎝ (50㎝、39㎝)

新人賞 高橋佑太 (千葉工業大学)

【大会の状況】
  参加者は前年度の27名から減り、参加大学数は変わらずでしたが、去年とは違った大学からの参加者もいました。大会当日は大潮でしたが、全体的に20~40cmの小型が多く、大型はほとんど上がりませんでした。しかし、ウェイインした人数は13人と前年度の8名に比べて増えました。順位は数cmの差で決着したものが多く、非常に接戦となり、充実した大会となりました。
  また、貴社のご協力によるじゃんけん大会も非常に参加者に喜んでいただきました。誠にありがとうございました。








【協賛企業一覧】 (以下敬称略、順不同)
マルキュー株式会社
グローブライド株式会社
ブルーブルー株式会社
谷山商事株式会社
株式会社ヤマリア
株式会社スミス
株式会社ハヤブサ
株式会社ジャクソン
株式会社タックルハウス
株式会社ジャッカル
株式会社エバーグリーンインターナショナル
株式会社ガマカツ
株式会社コアマン
株式会社ジャンプライズ
株式会社エイテック
株式会社メガバス
株式会社タックルベリー
DE-fishing soap

201906301905079f2.jpeg

1位 高橋佑太

201906301903496a3.jpeg

2位 竹内礁

201906301903223cc.jpeg

3位 今岡史弥

20190630190245e94.jpeg

新人賞 高橋佑太

201906301924059ea.jpeg

入賞者集合写真

令和元年度シーバス大会委員長
阿藤春輝 (東京海洋大学)
スポンサーサイト

学釣連 第7回ルアー釣り教室

第7回ルアー釣り教室 実施要項
全日本学生釣魚連盟関東支部第7回ルアー釣り教室開催要項

【開催場所】 宮城アングラーズヴィレッジ

【開催日】 6月29日(土)(少雨決行、荒天中止)

【受付時間】 9時30分~10 時

【タイムテーブル】
10:00 受付終了、講習スタート
10:15 講師のお話し、ルールチェック、講習班発表
10:30~13:00 実釣講習
13:00~15:00 BBQ、自由に釣り
15:00~16:00 早がけ大会
16:00 教室終了
【参加資格】 大学生、短大、専門学校生ならびに院生
【参加費】 4500 円 (遊漁料、レンタル料、BBQ代含む) 当日、宮城アングラーズヴィレッジの受付にてお支払い(変更の可能性あり)

【参加について】 参加希望者は 6月16日(日)23:59 までに下記メールアドレスにメールしてください。連絡は各大学代表者がまとめるようお願いします。

【連絡先】
全日本学生釣魚連盟関東支部 副支部長 東京海洋大学
更科 宏紀 (さらしな ひろき)
携帯:080-1097-3908
メール:minisara6212@gmail.com

第14回学釣連シーバス大会要項

学生釣魚連盟関東支部
第14回シーバス大会要項
[場所]         [開催日]
東京海洋大学周辺      令和元年5月19日(土)
(本部:同大学白鷹館)

[日程]
13:00 受付開始          20:00 検量開始
13:40 受付終了          20:30 帰着完了
13:50 ルール確認          21:00 検量終了 
14:00 競技開始          21:15 表彰式・抽選会・集合写真撮影
         21:45 大会終了
(予定ですので進行状況によっては時間を変更する場合があります。)

[参加費]
男性 2000円(連盟外:4000円)
女性 1500円(連盟外:3000円)

[プラクティスに関して]
プラクティスに関しては各自で行って下さい。なお、プラクティス中や大会当日の事故についての責任は全て各自にあるものとします。

[大会ルール]
・ ルアーを使用して釣ったシーバス3匹の総全長を競います。
・ ウェイイン方法は釣った魚をその場でメジャーと所定のもの(大会当日に配布)を並べてデジタルカメラまたは携帯電話のカメラ機能を用いて撮影し、検量表にサイズを書いて写真とともにウェイイン会場に持ち込んでウェイインとします。
※メジャーをたわませずにピンと張った状態で計測してください。口(または尾)の位置を0のメモリにしっかりと合わせてください。
・ 魚を弱らせないため、測定の際はなるべく魚体に触れず、早めにリリースしてください。
・ 2人以上のグループ行動を原則とします。
・ 移動手段・範囲は制限時間を守れるのであれば特に問いません。
・ ボート、ウエーディング及びフローターでの釣りは禁止します。
・ 釣り場清掃のために自分が釣りをした場所でごみを拾ってウェイイン会場に持ち込むことをウェイイン条件とします。
・ 帰着した参加者から20:00より検量を開始します。
・ メジャー、デジタルカメラまたはカメラ機能つき携帯電話、筆記用具をグループごとに持参してください。
・ 帰着時間に遅れた場合、1分につきマイナス1cmのペナルティーを科します。安全確認のためにも帰着時間は必ず守ってください。
・ 釣り場では安全に配慮し、マナーを守って釣りを楽しむことを心掛けてください。
・ 大会は遅くまで行われます。受付や帰着確認、検量をスムーズに行えるよう協力をお願いします。

早めに参加人数の把握を行いたいので、5月12日24:00までに大学名・人数を下記のアドレスまで連絡をお願いします。
[連絡先]
阿藤 春輝(東京海洋大学)
Tel:070-1584-0521
E-mail:harumakiato0521@yahoo.co.jp

※本要項について変更点が生じた場合はメーリングリストおよび関東支部ブログhttp://gakuchoren.blog123.fc2.com/を利用して周知する予定です。

学釣連トラウト大会 結果発表

学釣連エリアトラウト大会結果報告


【開催場所】
東山湖フィッシングエリア
【開催日】
 12月15日(土)
【参加大学】
 学習院大学、城西大学、東京海洋大学
【参加人数】
 13人
【表彰】
 入賞 1位 松井 大幸   (東京海洋大学二年 予選B組 8匹)
     2位 齋 翔太   (城西大学一年 予選B組 6匹)
     3位 荻原 祥輔   (東京海洋大学三年 予選A組 5匹)
     4位 島田 響 (東京海洋大学二年 予選A組 4匹)
        
新人賞 齋 翔太(城西大学一年  予選B組 6匹)
     
 

【協賛企業様】
株式会社アルフレッド 様
株式会社アングラーズシステム 様
株式会社魚矢 様
株式会社エイテック 様
株式会社鶴祥(ロブルアー) 様
株式会社がまかつ 様
グローブライド株式会社 様
株式会社サイバーガジェット 様
株式会社サンライン 様 
株式会社シマノ 様
株式会社ジャクソン 様
株式会社ジャッカル 様
株式会社スミス 様
株式会社タックルハウス 様
株式会社フォレスト 様
株式会社ピュアフィッシングジャパン 様
マルキュー株式会社 様
株式会社ムカイフィッシング 様
株式会社モーリス 様
有限会社ロデオクラフト 様
株式会社ワールドスポーツ 様

東山湖フィッシングエリア 様

(50音順)

【委員長より】
今年は参加者が13人と減ってしまった上に一日を通して太陽が出なかった影響か、魚の活性が上がらずボトムにべったりだったためになかなか難しいコンディションとなりました。それでも何とかボトムを攻略したり、日が出たタイミングでぽつぽつ釣ったりと各自工夫して頑張っていました。
エリアトラウト大会は開催地、開催時期が特定の場所に決まっておらず、ルールもまだまだ発展途上にあるように思われます。引き継ぎの際はこれまでの大会の反省点も伝え、しっかりと引継ぎを行うことでより良い大会へとしていきたいと思います。最後に今回協賛を頂いた企業の皆様、協力してくださった東山湖の方々、本当にありがとうございました。今後とも学釣連をよろしくお願い致します。

表彰の様子
IMG_6231[1]

IMG_6264[1]

IMG_6265[1]
集合写真

IMG_E6228[1]

                                   エリアトラウト大会委員長 田上大志(東京海洋大学)

2018年度ワカサギ釣り大会結果報告

2018年度ワカサギ釣り大会の結果を報告いたします。
 ・開催日 平成30年度 12月8日(土)
 ・開催場所 山中湖旭丘観光
 ・参加人数 10名
 ・参加大学 神奈川工科大学
 ・競技規定 全日本学生釣魚候連公式ルール
結果
  順位
    ・1位  神奈川工科大学  及川健太    137g
    ・2位  神奈川工科大学  久保田拓巳    69g 
    ・3位  神奈川工科大学  小山寛明     62g

 この度はお忙しい中ワカサギ釣り大会へご参加ありがとうございました。
今年度は前年度から大会を変更しワカサギ釣り大会を行うことになりましたが、ご参加いただいた方が端のご協力もあり、問題なく進行することができたことをお礼申し上げます。
 来年度の大会を今以上のものとするために善処させていただくので、次回の大会もご参加していただけると幸いです。
 最後に、繰り返しですが今大会にご協力していただいた方々に心よりお礼申し上げます。

協賛企業様  (敬称略・順不同)

株式会社サンライン
株式会社シマノ
マルキュー株式会社

今大会においてもご協賛品をいただき、誠にありがとうございました。
今後とも学釣連をよろしくお願いいたします。

ワカサギ釣り大会実行委員長
芹田栞太朗  (神奈川工科大学)
1位2位
3位
IMG_3702[1]