FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学釣連トラウト大会 結果発表

学釣連エリアトラウト大会結果報告


【開催場所】
東山湖フィッシングエリア
【開催日】
 12月15日(土)
【参加大学】
 学習院大学、城西大学、東京海洋大学
【参加人数】
 13人
【表彰】
 入賞 1位 松井 大幸   (東京海洋大学二年 予選B組 8匹)
     2位 齋 翔太   (城西大学一年 予選B組 6匹)
     3位 荻原 祥輔   (東京海洋大学三年 予選A組 5匹)
     4位 島田 響 (東京海洋大学二年 予選A組 4匹)
        
新人賞 齋 翔太(城西大学一年  予選B組 6匹)
     
 

【協賛企業様】
株式会社アルフレッド 様
株式会社アングラーズシステム 様
株式会社魚矢 様
株式会社エイテック 様
株式会社鶴祥(ロブルアー) 様
株式会社がまかつ 様
グローブライド株式会社 様
株式会社サイバーガジェット 様
株式会社サンライン 様 
株式会社シマノ 様
株式会社ジャクソン 様
株式会社ジャッカル 様
株式会社スミス 様
株式会社タックルハウス 様
株式会社フォレスト 様
株式会社ピュアフィッシングジャパン 様
マルキュー株式会社 様
株式会社ムカイフィッシング 様
株式会社モーリス 様
有限会社ロデオクラフト 様
株式会社ワールドスポーツ 様

東山湖フィッシングエリア 様

(50音順)

【委員長より】
今年は参加者が13人と減ってしまった上に一日を通して太陽が出なかった影響か、魚の活性が上がらずボトムにべったりだったためになかなか難しいコンディションとなりました。それでも何とかボトムを攻略したり、日が出たタイミングでぽつぽつ釣ったりと各自工夫して頑張っていました。
エリアトラウト大会は開催地、開催時期が特定の場所に決まっておらず、ルールもまだまだ発展途上にあるように思われます。引き継ぎの際はこれまでの大会の反省点も伝え、しっかりと引継ぎを行うことでより良い大会へとしていきたいと思います。最後に今回協賛を頂いた企業の皆様、協力してくださった東山湖の方々、本当にありがとうございました。今後とも学釣連をよろしくお願い致します。

表彰の様子
IMG_6231[1]

IMG_6264[1]

IMG_6265[1]
集合写真

IMG_E6228[1]

                                   エリアトラウト大会委員長 田上大志(東京海洋大学)
スポンサーサイト

2018年度ワカサギ釣り大会結果報告

2018年度ワカサギ釣り大会の結果を報告いたします。
 ・開催日 平成30年度 12月8日(土)
 ・開催場所 山中湖旭丘観光
 ・参加人数 10名
 ・参加大学 神奈川工科大学
 ・競技規定 全日本学生釣魚候連公式ルール
結果
  順位
    ・1位  神奈川工科大学  及川健太    137g
    ・2位  神奈川工科大学  久保田拓巳    69g 
    ・3位  神奈川工科大学  小山寛明     62g

 この度はお忙しい中ワカサギ釣り大会へご参加ありがとうございました。
今年度は前年度から大会を変更しワカサギ釣り大会を行うことになりましたが、ご参加いただいた方が端のご協力もあり、問題なく進行することができたことをお礼申し上げます。
 来年度の大会を今以上のものとするために善処させていただくので、次回の大会もご参加していただけると幸いです。
 最後に、繰り返しですが今大会にご協力していただいた方々に心よりお礼申し上げます。

協賛企業様  (敬称略・順不同)

株式会社サンライン
株式会社シマノ
マルキュー株式会社

今大会においてもご協賛品をいただき、誠にありがとうございました。
今後とも学釣連をよろしくお願いいたします。

ワカサギ釣り大会実行委員長
芹田栞太朗  (神奈川工科大学)
1位2位
3位
IMG_3702[1]


2018年度 バス釣り大会

【開催日】
2018年10月6日(土)

【開催場所】
亀山湖 のむらボート様

【参加人数】
10名

【参加大学】
神奈川工科大学(2名)
千葉工業大学(5名)
東京海洋大学(3名)

【順位】
第1位 大岡 翔大(千葉工業大学 3年)1490g
第2位 佐藤 計哉(千葉工業大学 3年) 970g
第3位 河野 将隆(東京海洋大学 1年) 430g

BIGFISH賞 佐藤 計哉(千葉工業大学 3年) 41cm 970g
新人賞 河野 将隆(東京海洋大学 1年)
20181205_181205_0020.jpg
20181205_181205_0021.jpg
20181205_181205_0022.jpg



【当日の状況】
当日は、のむらボート様から亀山大橋方面の水が全体的に悪く参加者のほとんどが、
本湖方面で釣行していました。活性は低く湖全体で釣れていませんでしたが、
ウェイインした選手は、ほぼシャッドテールワームのフォールなど深いレンジで
釣れていたみたいです。ほかでは、シャッド系ワームのノーシンカー・ミドストなどで
釣果がありました。


【ヒットルアー】
1. ドライブシャッド 3.5inch(O.S.P)ナチュラル系
                            +03ハンツ(O.S.P)黒系
2. ドライブシャッド 3.5・4inch(O.S.P)ナチュラル系 
    +TNSオフセット(ハヤブサ)orキロフック(デコイ)ノーシンカー
3. ラストエース75(エバーグリーン)ワカサギ 
                    +モスキート(モーリス)ノーシンカー
4. フラッシュJ 3inch (フィッシュアロー)ワカサギオーロラ
        +ヴェスパ #3 0.9g(リューギ)orマジックヘッド #3 1.4g(デコイ)
5. アスリート(Jackson)クロキン    
                                          etc

【挨拶】
今年度も無事大会を開催することができました。これも今回も協賛をいただいた企業様方
並びに会場提供していただきました、のむらボート様のおかげでございます。
来年度の大会開催におきましては開催日程の調整、連盟外からの参加者の募集(SNSなど)を
実施して行きたいと思います。

20181205_181205_0019.jpg


【協賛企業様】 (敬称略・順不同)
霞デザインオフィス合同会社
霞デザインオフィス合同会社
株式会社 イマカツ
株式会社イマカツ
株式会社 エバーグリーンインターナショナル
株式会社エバーグリーンインターナショナル
株式会社 カツイチ
株式会社カツイチ
株式会社 がまかつ
株式会社がまかつ
株式会社 ゴーセン
株式会社ゴーセン
株式会社 サンライン
株式会社サンライン
株式会社 ささめ針
株式会社ささめ針
株式会社 ジャクソン
株式会社ジャクソン
株式会社 シマノ
株式会社シマノ
株式会社 タックルベリー株式会社タックルベリー
株式会社 デュオ
株式会社デュオ
株式会社 ハヤブサ
株式会社ハヤブサ
株式会社 マルキュー
株式会社マルキュー
株式会社 モーリス
株式会社モーリス
株式会社 一誠
株式会社一誠
株式会社 土肥富
株式会社土肥富
有限会社 オー・エス・ピー
有限会社オー・エス・ピー

【会場提供】
のむらボート様
のむらボート


連絡先
携帯電話 : 080-3937-5230
E-mail : ranganbb@icloud.com

全日本学生釣魚連盟 関東支部 ブラックバス釣り大会委員長
中澤 裕大 (千葉工業大学)

2018年度 へら釣り大会 結果報告

・開催日:2018年11月10日(土)
・開催場所:府中へら鮒センター
・参加人数:4人
・参加大学:東京海洋大学、千葉工業大学
・ゲスト:竹内知郎さん(東京海洋大学OB)、嵯峨康仁さん(日本へら鮒釣研究会広報部)

・順位
1位 浜田 大河 (東京海洋大学2年) 6.18kg
2位 荻原 祥輔 (東京海洋大学3年) 5.35kg
3位 大西 正道 (千葉工業大学4年) 4.44kg

はじめに、予定していた日程から延期となってしまい申し訳ありませんでした。
今大会は4名とゲスト2名の参加となりました。午前の部前半は明確なアタリが出ることが多く、初心者でも釣ることが出来ました。しかし、後半になると表層にへらが湧き、それらのアタックを回避しながら餌を沈めなければならない状況でした。そのため、初心者には難しくなかなか釣れにくくなってしまったと感じます。ゲストの竹内さんと嵯峨さんにアドバイスをもらいながら、なんとか後半も数枚釣ることが出来ました。
お昼休憩を挟んで午後の部の前半です。ここからは、ウキが全く沈まない地獄のような時間でした。小さなアタリをなんとか拾って合わせるものの、顎や背鰭などにスレて掛かっていることがほとんどでした。ゲストの2名はこの状況のなかでもハリスの長さを変えたり、餌を変えたりなどしてポツポツと釣っていました。ほとんど初心者である参加者4名は釣ることができず苦戦していました。午後の部の後半になってようやくアタリが出るようになり、ここでどれだけ数を稼ぐかが勝敗を決めるポイントだと僕は感じました。荻原さんはここで多く釣っていたため2位を勝ち取ったと思います。
全体を通して渋かったですが、のんびりお喋りをしながら楽しく釣りをできました。
へら釣りは見た目はシンプルですが、ゲーム性の高い釣りなんだとゲストの2名を観察していて思いました。餌の付け方や配合、ハリスの長さからウキの号数など、考えることがたくさんあります。試行錯誤して釣った1枚は記憶に残る魚になるはずです。このことをまだへら釣りをした事の無い方に知って頂ければと思います。2019年度も10月にヘラ大会が行われる予定なので、経験者の方はもちろん、初心者の方にも是非参加して頂きたいです。
最後になりますが、ゲストの竹内さん嵯峨さんのご協力を心より感謝します。

・協賛企業様(敬称略・順不同)
株式会社がまかつ
マルキュー株式会社
株式会社ペイジメーカー
広松水産株式会社
東レ・モノフィラメント株式会社
株式会社ダン
株式会社ハヤブサ
株式会社モーリス
株式会社シマノ

・会場提供
府中へら鮒センター様

この度は多くの協賛品の提供、また会場の提供をしていただきありがとうございました。ご協力により全員に賞品が行き渡り、大会を最後まで盛り上げることが出来ました。
今後とも学釣連をよろしくお願いいたします。

学釣連関東支部へら大会委員長 更科宏紀(東京海洋大学)
へら集合123
へら協賛123

第一回ワカサギ釣り大会要項

第1回学生釣魚連盟関東支部ワカサギ大会要項

【開催日】

平成30年12月8日(土)

【当日日程】

   6:00 受付開始
   6:30 受付終了・レギュレーション確認
   7:00 競技開始
  15:00 競技終了
  15:30 測量・片付け
  16:30 表彰
 (予定ですので、出船・帰着時間等、進行状況・天候によって変更する場合がございます。)

【参加費】

 参加費(3000円)+ドーム船借用料一人(4000円)+遊漁券(600円)
 ※連盟内参加費が半額となります。
 
【その他料金】

 釣りセット(餌付き) ¥1500
 ベニサシ       ¥200
 アカムシ       ¥200
(船内でしかけの販売もあります。必要な方は随時お申し出ください。)

【参加締め切り】

 締め切りは11月12日(月)までとします。
 ドーム船をお借りするため基本的にキャンセルはできませんのでご了承ください。
 集金は当日お支払いいただきます。当日不参加の場合もドーム船借用料はお支払いいただくのでご了承ください。
【プラクティスに関して】

 プラクティスに関しましては各自行ってください。プラクティス中・大会中は、
 マナー、レギュレーション、ローカルルール等を十分に守ってください。
 なお、プラクティス中・大会当日に起きました事故については自己責任とします。

【レギュレーション】

 ドーム船より釣り上げたワカサギの総重量を競います。
 釣行には、ワカサギ用のロッド(~50cmまでのもの)を使用してください。なお、電動リール・針はずし器など一人で使う分のみご持参ください。
 ワカサギ以外の魚(ニゴイ・ブラックバスなど)はドーム船ルールに従いリリースまたは処理を行い、ワカサギをキープしている容器には入れないでください。
 また、釣り上げたワカサギは各自お持ち帰りください。

【表彰について】
  
 上位3名を表彰します。

【備考】
  
  院生は学部生と同じ扱いとします。
  OB,OGの参加は原則的に不可とさせていただきます。ご了承ください。
  参加応募期間がドーム船予約の関係上早い設定となっております。
  予定をご確認のうえご応募ください。
  出船不可能の場合は前日にご連絡いたします。

【連絡先】
  E-mail urasiru1104knt@gmail.com

全日本学生釣魚連盟 関東支部 ワカサギ釣り大会委員長
  芹田 栞太朗 (神奈川工科大学)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。