FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回ルアー釣り教室結果報告

【開催場所】
宮城アングラーズビレッジ

【開催日】
6月17日(日)

【参加大学】
東京海洋大学
千葉工業大学
明治大学
立正大学

【参加人数】
24名

【講師】
株式会社スミス 笛木大二郎様
マルキュー株式会社 松原和裕様
水野哲史プロ
早坂徳晃プロ

【協賛企業(敬称略・順不同)】
株式会社スミス
マルキュー株式会社
株式会社タックルベリー
有限会社オー・エス・ピー
株式会社がまかつ
株式会社エバーグリーンインターナショナル
ピュア・フィッシング・ジャパン株式会社
株式会社ワールドスポーツ
クレハ合繊株式会社
株式会社ジャッカル
株式会社モーリス
株式会社ハヤブサ
株式会社イマカツ
株式会社デュオ
株式会社シマノ
株式会社一誠
株式会社ジャクソン
霞デザインオフィス合同会社
株式会社ムカイフィッシング




第6回目となるルアー釣り教室が群馬県の管理釣り場宮城アングラーズビレッジにて、
開催されました。

今年は、笛木大二郎様、松原和裕様、水野哲史プロ、早坂徳晃プロの4人の講師の指導の下、
講習が行われました。

4大学24名の参加者は、4班6人ずつに分かれて、講習を始めました!

10名以上の初心者がいる中、全員魚をキャッチすることはできるでしょうか。

それでは、講習スタートです!

皆さん笑顔で何よりです。
208.jpg
210.jpg
144.jpg
092.jpg

こちらは、バス釣り初めて人たち!
講師の笛木さんより、「全員つれたよー」とうれしいお言葉!
091.jpg
095.jpg
090.jpg
271.jpg
270.jpg

親子かな?(笑)
268.jpg

こちらはベテラン勢!
厳しい状況の中、さすがです。
093.jpg
094.jpg
097.jpg
132.jpg

13時よりBBQをしました!
今後の釣行など他大学との交流できました。
宮城アングラーズビレッジのスタッフ様ありがとうございました!
214.jpg


BBQ後の昼休み
餌撒きタイムと重なり、ストライパー狙う方が多かったようです。
140_2018070223375811e.jpg
141.jpg
142.jpg

15時より、バス1匹早がけ勝負!
経験者だけでなく、初心者も釣ってくる人多かったです。
103.jpg
104.jpg
105.jpg
106.jpg
107.jpg
108.jpg
109.jpg

16時宮城アングラーズビレッジ看板前で、集合写真を撮り解散としました。
110.jpg

最後になりましたが、丁寧に指導をしてくださった講師の皆様、釣り場を提供していただいた宮城アングラーズビレッジのスタッフ様、協賛していただいた企業の皆様、本当にありがとうございました。来年度以降もルアー釣り教室は継続実施予定です。
今回の反省点等、しっかりと来年度の担当者に引き継いでいきます。
来年度のルアー釣り教室に向けて、今回参加してくれた皆様に、是非このルアー釣り教室が楽しいということを広めてもらえると幸いです。


支部長  浜田 大河  (東京海洋大学)
スポンサーサイト

平成29年度 ルアー・フライ大会 結果報告

第76回 ルアー・フライ大会 結果報告

開催日: 2017年6月25日(日)
場所: 亀山湖 のむらボートハウス
参加人数: 9人
参加大学: 東京海洋大学 千葉工業大学

順位
1位 中澤裕太 (千葉工業大学 1年) 3匹 1690g
2位 星直希 (東京海洋大学 3年) 3匹 1670g
3位 浜田大河 (東京海洋大学 2年) 3匹 890g

新人賞 中澤裕太 (千葉工業大学 1年)

ビッグフィッシュ賞 中澤裕太 (千葉工業大学 1年) 45cm

写真 http://blog-imgs-108.fc2.com/g/a/k/gakuchoren/20170808123509a1b.jpg

当日は朝から雨が降り始め、そのまま一日中降り続けました。今回は9人中5人の方がウェイインされました。朝の活性が高いタイミングでボイル撃ちや、巻物で仕留めるか、増水によってできたカバーやインレットを撃つ2つのパターンで釣ってきたようです。ボイル撃ちでの魚は回復していましたが、カバーやインレットの魚はまだアフターでウェイトは伸びにくかったようです。

ヒットルアー: ミノー、プロップベイト、スモラバ、ノーシンカー、ネコリグ、ダウンショット
エリア: 藤林、馬の背、向坂、トキタボート対岸

協賛企業様 (敬称略・順不同)
霞デザインオフィス合同会社 カハラジャパン株式会社 クレハ合繊株式会社 マルキュー株式会社 株式会社イマカツ
株式会社デプス 株式会社ハヤブサ 株式会社シマノ 株式会社エバーグリーンインターナショナル 株式会社タックルベリー
株式会社カツイチ 株式会社モーリス 株式会社ゴーセン 株式会社一誠 株式会社ジャッカル 株式会社サンライン
株式会社デュオ 株式会社がまかつ

協賛品のご協力をして頂きました企業様、今回も多くの協賛品をありがとうございました。皆様からの協賛によりまして、大会が大いに盛り上がりました。
これからも学釣連では、大会を通じて釣り業界のさらなる活性化を目指していく所存です。
今後とも学釣連をよろしくお願いします。

ルアー・フライ大会実行委員長 大岡翔大 (千葉工業大学)

第12回学釣連シーバス大会結果報告

<第12回学釣連シーバス大会結果報告>
7.png

【開催日】
5月27日(土)

【参加人数】
34名

【参加大学】
東京海洋大学
神奈川工科大学
慶應義塾大学
和光大学
明星大学
東京電機大学
中央大学

【入賞者成績】
1位 横山晶永 (明星大学) 137cm    (43.5cm+48.5cm+45cm)
2位 瀧口哲太 (和光大学) 97cm     (47cm+50cm)
3位 星直希 (東京海洋大学) 53cm
4位 藤本祐輝 (東京海洋大学) 44センチ

新人賞 横山晶永 (明星大学) 137cm

今回は34名と参加人数が増えたこと、新一年生の参加(13名)が多かったこと、大変うれしく思います。大会当日は好天に恵まれたものの、釣果はウェイイン4名とかなり厳しい状況でした。前日に降った雨のためか、どのポイントも水質がかなり悪かったようです。厳しい状況の中、ウェイインされた4名の方、ご入賞おめでとうございます!来年度の大会は、釣果に恵まれることに期待したいです。

 参加者の皆様並びに協賛いただきました各企業様、また協力してくださった方々のおかげで、本大会を無事終えることができたことを、心より感謝いたします。ありがとうございました。

【協賛企業様一覧】(以下敬称略、順不同)
株式会社ジャッカル
株式会社ヤマリア
株式会社モーリス
株式会社アピア
ピュア・フィッシング・ジャパン株式会社
株式会社スミス
株式会社サンライン
株式会社エバーグリーンインターナショナル
GAMAKATSU PTE LTD
株式会社ツネミ
有限会社オー・エス・ピー
株式会社ジャンプライズ
株式会社タックルベリー
クレハ合繊株式会社
株式会社タックルハウス
株式会社コアマン
株式会社ゴーセン
有限会社リトルプレゼンツ
株式会社デュエル
株式会社マングローブスタジオ
株式会社ワールドスポーツ
株式会社エイテック

1位
1位 横山晶永

2位
2位 瀧口哲太

3.png
3位 星直希

4.png
4位 藤本祐輝

5.png
新人賞 横山晶永

8.png
入賞者集合写真

7.png
集合写真




平成29年度シーバス大会委員長  浜田大河 (東京海洋大学)

2016年度キャスティング大会結果報告

キャスティング大会の結果をご報告いたします。
・開催日 平成28年度12月18日(日)
・開催場所 神奈川工科大学グラウンド
・参加人数 10名+ゲスト参加1名
・参加大学 成城大学 神奈川工科大学
・競技規定 全日本学生釣魚連盟公式ルール

結果

スピニング両手投げ競技
順位
・優勝 伊藤悠希(成城大学)      70.08m
・準優勝 工藤翼(神奈川工科大学)  47.87m
・3位  坂田祐輝(神奈川工科大学)  46.94m

・参考記録
松原和裕(東京海洋大学OB) 84.35m

スピニング的当て競技
順位
・優勝 石井孝一(神奈川工科大学) 
・準優勝 西尾祐希(神奈川工科大学) 
・3位 坂田祐輝(神奈川工科大学) 


 この度はお忙しい中キャスティング大会へのご参加ありがとうございました。
今年度は前年度とは違い的当て競技を行うことになりましたが、ご参加していただいた方々のご協力もあり、特に問題なく進行させることができたことをお礼申し上げます。
来年度の大会を今以上のものにするため善処させていただくので、次回の大会もご参加していただけると幸いです。
最後に、繰り返しですが今大会にご協力していただいた方々に心からお礼を申し上げます。

協賛企業様(敬称略・順不同)
株式会社がまかつ
マルキュー株式会社
クレハ合繊株式会社
グローブライド株式会社

今大会においてもご協賛品をいただき、誠にありがとうございました。
今後とも学釣連をよろしくお願いします。

キャスティング大会実行委員長
酒井俊輔 (神奈川工科大学)

キャスティング集合写真

2016年度 学釣連関東支部へら釣り大会結果

・開催日:2016年10月2日
・場所:府中へら鮒センター
・参加人数:7名(4名欠場)+ゲスト参加2名
・参加大学:東京海洋大学、千葉工業大学


 上位入賞者
・優勝 竹内知朗(東京海洋大学4年) 27.30㎏ 66枚
・準優勝 本間樹(千葉工業大学1年) 16.89㎏ 47枚
・3位 岩下直貴(東京海洋大学4年) 11.76㎏ 27枚
 特別賞
・新人賞 本間樹(千葉工業大学1年) 16.89㎏ 47枚


 今大会は、予定では11名の参加となっておりましたが、当日4名の欠場により、7名での競技となりました。当日は、ゲストとして2名の方にも参加していただきました。経験者は各々の釣り方で枚数を稼ぎ、激しい上位争いが見られました。また、初心者もゲストの方からの指導で、エサの配合、タナの調節など、ヘラブナ釣りのノウハウを存分に学んでおりました。競技後は、上位者の景品、参加賞の授与等行いました。景品は全員にいき渡り、大会を最後まで大いに盛り上げることができました。

 ヘラブナ釣りは、道具、釣り方が非常にシンプルで、そこが一番の魅力であります。ヘラブナ釣りは、リールを使わず、浮きで魚のアタリをとっていきます。実にシンプルな釣りです。シンプルだからこそ、釣り人は様々な工夫を凝らし、魚との駆け引きを一層楽しむことができるのではないでしょうか。今日、ヘラブナ釣りはルアーフィッシングをはじめとした他の釣りと比べて、我々学生の間ではメジャーな釣りとは言い難いと思います。私自身、ヘラブナ釣りの経験はそこまで深くありません。しかし、昨年、今年とこの大会に参加して、ヘラブナ釣りに魅せられたことは間違いありません。そして、より多くの方々に、この魅力を知ってもらいたいと思っております。この学釣連関東支部へら釣り大会は、ヘラブナ釣りをしたことのない方、そして釣りをしたことのない方にとっても、この釣りの良さを知っていただける良い機会になると思います。今年度の大会に参加された方はもちろん、参加できなかった方も是非来年度の学釣連関東支部へら釣り大会に参加してみてはいかがでしょうか?

 最後になりましたが、協賛いただいた各企業様、ゲスト参加してくださった松原様、嵯峨様、そして参加者の皆様のお陰で盛会のうちに終えることができました。心から感謝致します。



学釣連関東支部へら釣り委員長 細川仁(東京海洋大学)



・協賛企業様(敬称略・順不同)
株式会社がまかつ
マルキユー株式会社
広松水産株式会社
株式会社ワールドスポーツ
株式会社サンライン
株式会社ペイジメーカー
株式会社シマノ
株式会社ハヤブサ
株式会社モーリス
株式会社フジノライン

・会場提供
府中へら鮒センター様


2016 ヘラ釣り
IMG_4494.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。