FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学釣連トラウト大会兼交流会の大会ルール案です。

お世話になっております、成城大小幡です。

前回のキャプ会でお知らせいたしました、学釣連関東支部トラウト大会(仮)のプロトルールです。

既存のトラウトの大会ルールに準拠することなく、今回は前回キャプ会でもお知らせしたとおり、トラウト大会兼交流会ですので、まずはためしでやってみようという事から、いろいろと提案させていただきます。
あ、来年から同じルールでやる必要は全くないと思いますがね。

今回は大きく原案を3つご用意いたしました。
もしよろしければ、3つの案全てをご覧になった上で、コメントいただける(またはキャプ会にて意見を!)とありがたいです。


案1.上級者押さえ込みルール。

かなり前のキャプ会で言ったんですが、初心者に優しく、上級者に難しいルールで、「上手い奴ほど勝てる」という考えをなるべくなくしたルールで考えてみました。

案1-a →大会参加者全員から事前に釣り暦、トラウト、ルアー釣りの経験の有無を聞いたうえで、上級者には最初からマイナスポイントで行うハンディ制の数釣り勝負。(上級者判定は1時間あたりマイナス5匹など)
案1-b→上級者に対して使用ルアー、カラー制限をし、スプーンの保有枚数による不利、有利をなるべく少なくした上での、1~2時間耐久での数釣り勝負。


案1のいいところは、初心者の方にでも優勝の可能性が高い(優勝しても今回はプレ大会なので賞状すら出せませんが)ということですが、リスクはトラウトフィッシングに対して真剣にやってきている人間からすると、その努力を発揮することができないかもしれないという気がします。
また、大会としての公平さに欠ける気もします。



案2.クラス分けルール。

案2→参加者の釣り技術ランクから、2~3のクラス分けで別々に競技。
例えば、管理釣り場での釣り経験回数5回以上や自身でトラウトタックル一式持ってる人をクラスA、管理釣り場やそのほかの釣りをしたことがない、あまり釣りをしたことがないという方をクラスBに分けての競技。

→この方法ならば、上級者の方は上級者同士でがっつり競技できますし、初心者の方や競技に慣れてない方はクラスBでまずは上位入賞を狙い、そして来年からクラスAに参加してみる。などといった方法が取れるかな…と思います。
問題としては、初心者の方がめっちゃくちゃ幸運でスッゲー釣った時などに、クラスAの人間の成績を圧倒しながらも、クラスB優勝、という形になってしまうことかな…と思います。
まぁAもBも同じルールで開催して、その中で1~5位くらいまで入賞者作ればいいと思うんだけどね。


案3.ノーマルトーナメントスタイル
通常のトーナメントスタイル(通常ってなんだ?)っぽいルールです。
管理釣り場の場合、時間の都合や土日に大会を開催する場合、非常に混雑が予想されるため、個人的にはスピーディーな大会をするためのルールです。

(例)
1、参加者が20名の場合、制限時間10分以内に1匹釣った人間上位15名が2次予選へ。
2、2次予選開始、15名中、上位10名が準決勝へ
(3、1,2次敗退の下位10名から10分1匹早掛け釣り勝負→上位3名復活。)
4、上位13名で早掛け3匹(制限時間1時間)で最速者上位6名を選出。(下位7名は審判とお手伝い)
5、決勝戦30分数釣り勝負で順位決定。(その間敗者の方には審判員orBBQのお手伝いをしていただきます)


ぶっちゃけ色々提案してみたものの、通常の大会(来年に繋げる大会)ならばこういった感じがいいのではないかな…と思います。
参加者20名で仮に計算して一番効率的に回せると思います。
例えば、1日の流れを考えて…
7:00 集合・受付開始
7:30 競技説明・準備・チケット購入(できれば予算的に3時間券)
7:45 15分プラ開始
8:00 競技開始(1次予選)
8:10 1次予選終了、2次予選進出者確定作業
8:20 2次予選開始
8:30 2次予選終了・準決勝進出者確定作業
8:35 敗者復活戦開始
8;45 復活戦上位確定
8:50 準決勝開始
9:50 準決勝終了
10:00 決勝戦
10:30 決勝戦終了

無理矢理に近いが、なんとか回る気がするんですよ。



とりあえず、このような原案を作ってみましたので、コメントのほうよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

全日本学生釣魚連盟総会報告

12月17日、18日に行われました、全日本学生釣魚連盟総会についてご報告いたします。


日時:12月17日→総会、18日交流会
場所:愛知学院大学

17日総会では、全日本学生釣魚連盟(以下学釣連)での各支部での活動報告の交換、ならびに来年度役員の紹介をし、今後の学釣連の運営ならびに、学生の釣り業界の発展方法について議論いたしました。

以下におおまかな議事録を記載します。


1、JSFGについて
・今年度の石川大会での反省点を活かし、日本で唯一の学生釣り選手権大会としてどのように盛り上げていくかを議題としました。
そのなかでいくつかの管理体制の見直しや、主に関西支部での運営であったJSFGに関東支部からもスタッフを派遣することができる体制作りをするという結論に至りました。

2、全日本選手権大会について
・各学釣連での交流大会について、その意義性についてもう一度審査した結果、近年では各支部での大会活動が中心となり、やはり地の利的な問題などから、大会という形を取らず、全国的につりをする大学生が交流し、その釣りに対する技術交換や人脈構成をサポートすることを目的とした「交流会」という立場で行っていくことになりました。

3、各種大会における協賛企業様との関係ならびに、今後の学生釣り業界について
・各種大会などで協賛を頂いている企業様へなにか「学生の釣り人」としてお手伝いすることができたら、という事について議論しました。
現在は、その企業様からのアンケート回答や微力ながらも各社製品についての広告活動をお手伝いするに過ぎませんが、さらに釣り業界を盛り上げていくためにやらねければいけないこととして、より緊密な交流体制の必要性が挙げられました。

また、学生での釣り人は必ずしも学釣連にいるメンバーだけでなく、更に新規開拓していくべきとの意見も出、来年度からより多くの場所で学釣連の存在のアピール、ならびに釣り業界の若年層を更に盛り上げていく企画の導入を考えております。



大まかな議事は以上となりますが、来年度も学釣連加盟大学の皆様、各種競技にご参加の大学生の方々からの厚い信頼と協賛企業様からのサポートの基、よりよい組織作りをいそしんで行こうと思っております。


尚、当日の交流会の内容につきましては、関東支部、城乃のブログにてアップロードされておりますので、ご覧ください。
http://sfcd.exblog.jp/
12月19日
全日本学生釣魚連盟関東支部。

関東支部総会のお知らせ

次回は関東支部の総会となります。

新旧役員の交代と今年度の収支報告をしたいと思いますので皆様の参加をお待ちしております。


日時 2月7日土曜 14時から
会場 東京海洋大学 品川キャンパス 2号館100A教室を予定しております。


なお、フィッシングショーには2月14日を予定しておりますので、新旧の役員の方は予定を空けておいて下さい。



総会終了後、その場で釣り具のオークションみたいなことをやってみようと思います。

いらなくなった釣り具をもっている方は是非ともよろしくお願いします。


東京海洋大学
村山 卓也

全日本学生釣魚連盟関東支部キャスティング大会結果報告

開催日:2008年11月24日
開催場所:神奈川工科大学グランド
参加人数:16名
参加大学:東京海洋大学 国士舘大学 神奈川工科大学 立教大学 
     成城大学 東京工業大学

【入賞者】
1位 村山 卓也(東京海洋大学) 72.83m
2位 藤田 修瑛(立教大学) 72.08m
3位 安島 裕仁(神奈川工科大学) 62.02m
4位 大城 将希(東京海洋大学)  60.33m
5位 高木 優 (東京工業大学)  54.04m

ロングキャスト賞:高木 優 (東京工業大学) 81.33m

片手部門
1位 安島 裕仁(神奈川工科大学)51.27m
2位 福尾 幸宏(東京海洋大学) 49.00m
3位 安田 雅之(国士舘大学) 47.70m
4位 飯室 貴文(神奈川工科大学)46.24m
5位 小幡 善章 (成城大学)  46.20m

協賛企業様(敬称略・順不同)
ダイワ精工株式会社
株式会社クレハ
株式会社ハヤブサ
株式会社ゴーセン
マルキュー株式会社
株式会社フジワラ
株式会社がまかつ
株式会社ボナンザ
株式会社キャスティング

たくさんの価値ある協賛品を頂戴し、誠にありがとうございました。貴社のご協力のお陰で無事に開催することができ、盛況のうちに終了することができました。今後とも我々、全日本学生釣魚連盟と学生の釣りの発展へのご支援を何卒宜しくお願い致します。


 大会当日は風もあり終了間際には雨が降り出すというあいにくの天候となりましたが、無事に大会を終えることが出来ました。
今大会は風の影響か例年よりもファールになってしまう事が多く見受けられ、記録を出すのが大変だった印象を受けました。
またNSCFから入澤様、OBとして木村さんにもご参加いただきましたが安定して好記録を納める姿はさすがの一言につきると思いました。
運営としては段取りや練習キャストの時間をほとんど確保することでできない等、不手際でご迷惑をおかけしました。
特にキャストの練習は全体の記録向上にも繋がるかと思いますので改善の必要性を感じました。
来年度はこられ反省点を踏まえ開催に臨みたいと思います。
最後になりましたが開催にあたり協力して頂いた方々、協賛メーカー様、参加者の皆様にお礼申し上げます。

神奈川工科大学 上條 秀俊
CA6XGZOB.jpg
DSC00927.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。