スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東支部へら釣り大会結果

開催日  10月17日
場所    府中へら鮒センター
参加人数 30名
参加大学 学習院大学 慶応義塾大学 国士舘大学 成城大学 東京海洋大学 立教大学

順位   氏名     総重量
1位   村山卓也   3.97kg
2位   山本 宙    3.74kg
3位   林コナン    3.19kg
4位   鯊川絢音   2.20kg
5位   斉藤大樹   1.97kg

新人賞   鯊川絢音
レディース賞 鯊川絢音


今大会は例年以上の参加をしていただき、とても活気のある大会となりました。しかし魚の食いが渋く
参加者全体の釣果は伸び悩んでしまいました。
多くの方にへら釣りの楽しさにより触れていただきたかったので、その点が残念です。



協賛企業様(敬称略・順不同)
株式会社がまかつ
マルキュー株式会社

今大会にご協力くださり、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。


お知らせ
府中へら鮒センターでは12月18日にDAIWAの試釣会が、同月23日には府中へら鮒センター年末大会が開催されます。
HP等でご確認の上ご参加ください。


関東支部へら釣り委員長 坂本大輔
スポンサーサイト

第67回関東支部ルアーフライ大会結果

開催日 2010年10月3日
場所 高滝湖(千葉県)
参加人数 40名
参加大学 千葉工業大学 東京海洋大学 学習院大学 成城大学 立教大学 中央大学 芝工業大学

順位 大学名 氏名 本数 重量(g)
1 千葉工業大学 福永忠晃 3 2114
2 中央大学 岡山英史 3 1765
3 東京海洋大学 山野薫 3 1719
4 中央大学 寺岡良真 2 1225
5 成城大学 斉藤大樹 3 1150
6 千葉工業大学 楠貴斗 2 1145
7 立教大学 山本宙 3 785
8 立教大学 鯊川 2 615
9 千葉工業大学 宮内利晃 1 334
10 芝工業大学 楠田周 2 265

新人賞及びレディース賞 鯊川
ビッグフィッシュ賞 福永忠晃 44cm
ウェイイン率は27.5%

上位入賞者のキャッチパターン
 1位 福永さん
エリアは古敷谷の掘込橋下流の大きくベンドした部分の内側。そこのブレイク付近で、本湖の濁った水が上層に、古敷谷川からの澄んだ水は下層を流れていて、その境目でヒット。
ルアーはシャッド:osp ハイカット ピンクレディーカラー、ミノー:イマカツ リップライザー60 イ   マカツレモンカラー で、アクションは早巻き。
キャッチしたのは4本で、最大44cm、最小30cm。
 2位 岡山さん
エリアは本湖の二本柱付近と、境橋下付近、境橋下スロープ。
ルアーはアイスクリームビルシャッドとスモラバ。シャッドのアクションは早巻き。
キャッチしたのは3本で、最大38cm、最小30㎝。
 3位 山野
エリアは境橋下スロープと、鳥居前スロープ。
境橋下スロープの数m上流に、養老川の澄んだ水と本湖の濁った水の境目が出来ていた。釣れたのはスロープの下流側のエッジで、風上側だった。日が高くなるにつれよりエッジにタイトに着き、数mの差で釣果がはっきり分かれていた。釣れたのはどれもほぼ同じサイズだった。鳥居前では水深約3.5mでヒット。
ルアーはカットテール4インチでカラーはグリーンパンプキン、リグはダウンショット。アクションは常にボトムをとりながらのシェイク。
キャッチしたのは6本で、最大36cm、最小28cm。

大会当日は晴れ、トラブルもなく無事終えることができました。
ウェイイン率があまり芳しくなかったのが残念ですが、魚の固まっているエリアを見つけた人はそこそこ釣れたようです。本湖ではやはりワカサギの溜まるエリアや、水質に変化のある場所がキーだったようです。また、やはりシャッドが強い湖だということも実感しました。

協賛企業様(敬称略・順不同)
株式会社がまかつ
株式会社ジャッカル
株式会社ラッキークラフト
株式会社スミス
株式会社リトルプレゼンツ
株式会社クレハ
株式会社カツイチ
株式会社マルキュー
バスデイ株式会社ジップベイツ事業部
高滝観光企業組合

協賛ショップ様(敬称略・順不同)
株式会社ギル 武蔵小山店
株式会社ホワイトバス
有限会社バスメイト

多くの協賛を頂きまして誠にありがとうございました。おかげ様で大変有意義な大会となりました。今後とも学生のバスフィッシングのさらなる発展へのご支援をよろしくお願い致します。

PA030836_convert_20101017192615.jpg

PA030839_convert_20101017192454.jpg

東京海洋大学 山野薫




  

投げ釣り大会 結果報告

開催日  2010年10月10日
場所   千葉県勝山海岸一帯
参加人数 26人
参加大学 学習院大学、成城大学、中央大学、東京海洋大学、東京工業大学、立教大学

順位
1 大城将希(東京海洋大学3年)596g
2 松原和裕(東京海洋大学2年)562g
3 高橋政人(成城大学3年)  256g
4 山間昇悟(東京海洋大学1年)182g
5 大荷拓朗(中央大学2年)  106g

大物賞 高橋政人(成城大学3年)100g
外道賞 高橋政人(成城大学3年)クロダイ172g
レディース賞 鈴木あやか(立教大学4年)32g

 強雨の中の釣りとなってしまいましたが、足と技術でコンスタントに数を伸ばした競技者が有利だったようです。また、海水に強い濁りが入っていたため、普段の投げ大会では見られないような魚種もつれました。シビアな大会となってしまいましたが、参加してくださった競技者はおつかれさまでした。

協賛企業(敬称略・順不同)
株式会社がまかつ
株式会社クレハ
株式会社ゴーセン
株式会社ささめ針
株式会社サンライン
株式会社ハヤブサ
株式会社富士工業
株式会社マルキュー

協賛してくださった企業様へ
 多くの協賛品を頂きましてありがとうございました。おかげさまで、参加者に大変喜んでいただけ、有意義な大会となりました。今後とも学生の釣り、および、投げ釣りのさらなる発展へのご支援をよろしくお願いいたします。
10投げ入賞
10投げ集合

磯釣り大会要綱

【開催日時】 平成22年11月7日(日) 雨天決行

【開催場所】 静岡県熱海沖初島全域

【集合場所】 熱海港初島行きフェリー乗り場
※駐車場はフェリー乗り場の近くに熱海港海釣り施設駐車場がありますので、そちらをご利用ください。(営業時間は6:00~19:00で、料金は1日500円です)

富士急マリンリゾートHP www.hatsushima.jp(熱海港へのアクセス、駐車場、船の運行状況等も見られます。)

【受付時間】 午前6:30~7:00

【出港時間】 午前7:30

【競技時間】 フェリー到着時刻~13:00(第一漁港集合)

【参加費】   連盟加盟者500円(1年生は0円) 非加盟者2000円(1年生は1500円)
(別途フェリー往復代2340円がかかります)

【定員】   25名前後(定員をオーバーした場合は参加者の少ない大学を優先します)

【表彰】    
        入賞       成績上位5名 
        他魚賞      メジナ以外で主催者が判断した上位1名。
(毒魚,長物は除く。)
        新人賞      今大会に出場した新一年生のうち、上位1名。
        レディース賞   女性の上位1名。

【審査方法】 20cm以上のメジナ(グレ)3尾までの合計長寸
※魚を持ち帰らない人はデジカメ等でメジャーを当てた魚の写真を撮ったものでも検寸可(ただし魚の長さがはっきりとわかり日付の入ったものに限る)


【競技規定】 

1)使用する竿は1本(予備竿は可)
2)フカセ釣り(カゴ釣り、ダンゴ釣りは不可)
3)ハリは1本のみ
4)エサは自由
5)大会中はライフジャケット、磯ブーツの着用、最低2人1組での行動を義務付けます。
6)一般の釣り客の方に迷惑のかからないようポイントの譲り合いやマナー等、各自で気をつけてください。
7)帰着遅れは失格とします。
8)天候の関係で予定より早く終了する場合があります。
9)大会中の事故などについて主催者側は一切責任を負いません。
10)OB,院生の記録については参考記録とさせていただきます。

【大会スケジュール】

[受付]       6:30~7:00

[ルール説明] 7:00~7:15

[出港]       7:30

[競技時間]    フェリー到着時刻~13:00(第一漁港集合)

[検量]       13:00~13:30

[帰港]       14:00

[表彰&閉会式] 熱海港到着後

(予定解散時間14:30)


【タックル貸し出し】 磯釣り用タックルがない方には、無料でロッド、リール、ライフジャケット等の貸し出しを行いたいと思います。ただし、数に限りがあります。貸し出しを希望される方は参加申し込みの際に、その旨を伝えてください。

※備考
今回、連盟内の1年生の参加費を0円にしました。これは、磯釣りをもっと気軽に楽しんでもらいたいとの思いからです。今まで他のジャンルの釣りを楽しんでいた方、この機会にぜひ磯釣りに触れてみてください。「磯釣りをやったことない」、「参加したいけど道具がない」そんな方も大歓迎です。そのため開催場所は安全性、アクセスの良さ、コスト面に加えてメジナの数、型ともに実績のある初島を選びました。当日はスムーズに大会が運営出来るよう、みなさんの協力よろしくお願い致します。

【連絡事項】
各大学の代表者は参加人数を明記の上、10月23日23時までに下記連絡先にメールしてください。
その際、竿・ライフジャケット・磯ブーツを持っていない人の数を把握したいのでどれがいくつ必要なのかを同時にメールしてください。
締め切り以降に受付の場合は直接、下記連絡先までご連絡ください。ただし、10月29日23時を過ぎた場合は対応しかねます場合がありますのでご了承ください。
また、餌やフェリーのチケットは各自で購入してください。

【連絡先】

藤山 凌多(東京海洋大学)


[メール] oncorhynchus_nerka_kawamurae○ezweb.ne.jp(○を@に変えて送ってください。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。