FC2ブログ

2017年度 学釣連関東支部ヘラ釣り大会要項

2017年度学釣連関東支部へら釣り大会要項

【会場と日程】
 平成29年10月8日(日)、府中へら鮒センター(東京都府中市南町2-19-5)で開催いたします。天候不順等で開催できない場合は延期いたします。

7:00 受付開始
7:20 受付終了
7:30 ルール説明、入場

8:00 午前の部競技開始
11:00 午前の部競技終了

11:30 午後の部競技開始
14:30 午後の部競技終了

15:00 表彰式、抽選会

【参加資格】
 大学生、短大生、専門学校生、大学院生並びにOB、OG。

【ルール】・府中へら鮒センターの規則に則って行います。
・竿は7~17尺(2.1~5.1)までの使用とします。
・針は2本付けるものとします。
・オカメ・一発等の角麩えさ、ミミズ等の生えさは禁止エサとします。
・仕掛けは竿先より先に投入して釣りを行ってください。(手前の魚は釣らないでください)・タナは浮き止めから第一オモリまでの長さを1メートル以上取るものとします。これは 1メートル以浅の魚を釣ってはいけないという意味です。従ってエサ投入から浮きが完全 に立つまでのアタリで釣らないで下さい。釣れてしまった場合は池にそのまま戻して下さい。
・スレ掛かりは検量しないで下さい。釣れてしまった場合は池にそのまま戻してください。
・一度に二匹魚が釣れた場合、一匹ずつ計量器に乗せて計測を行ってください。一度に二匹の魚を乗せないでください。
・午前の部、午後の部それぞれの競技開始から終了時間までに釣ったヘラブナの総重量で順位を決定します。
・午前の部と午後の部の間の休憩時間において魚を釣ることは禁止とします。
・大学院生の成績は記録となります。また、OB、OGの成績は参考記録とします。 以上の規則が守れない場合は当該参加者に失格等の罰則を科します。また、以上の規則以外で悪質な行為があった場合にも当該参加者に注意、罰則を科す場合があります。また、事前練習や大会競技中における事故や損失等の責任を主催者側は一切負いません。責任は各自にあるものとします。釣り場でのマナーも大切にして下さい。
【表彰】
 入賞上位者3名   レディース賞1名   新人賞1名

【参加費】
 連盟加入者1000円 非加入者2000円
連盟員の方は参加費徴収の際必ず連盟員証の提示をお願いします。また、参加費とは別に当日は府中へら鮒センターの利用料金2400円が必要です。

【参加申し込みに関して】
 参加の申し込みは9月28日(木)までに下記の連絡先に参加者の氏名、大学、学年、性別、連盟加入の有無を記入してメールで連絡してください。なるべく各校の代表者が取りまとめて連絡するようにしてください。こちらで確認しましたら折り返し連絡いたします。

【連絡先】
全日本学生釣魚連盟関東支部へら釣り委員長
佐藤 裕介(東京海洋大学)
Tel:090-9647-7478
E-mail:bar2314_stg@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

平成29年度 ルアー・フライ大会 結果報告

第76回 ルアー・フライ大会 結果報告

開催日: 2017年6月25日(日)
場所: 亀山湖 のむらボートハウス
参加人数: 9人
参加大学: 東京海洋大学 千葉工業大学

順位
1位 中澤裕太 (千葉工業大学 1年) 3匹 1690g
2位 星直希 (東京海洋大学 3年) 3匹 1670g
3位 浜田大河 (東京海洋大学 2年) 3匹 890g

新人賞 中澤裕太 (千葉工業大学 1年)

ビッグフィッシュ賞 中澤裕太 (千葉工業大学 1年) 45cm

写真 http://blog-imgs-108.fc2.com/g/a/k/gakuchoren/20170808123509a1b.jpg

当日は朝から雨が降り始め、そのまま一日中降り続けました。今回は9人中5人の方がウェイインされました。朝の活性が高いタイミングでボイル撃ちや、巻物で仕留めるか、増水によってできたカバーやインレットを撃つ2つのパターンで釣ってきたようです。ボイル撃ちでの魚は回復していましたが、カバーやインレットの魚はまだアフターでウェイトは伸びにくかったようです。

ヒットルアー: ミノー、プロップベイト、スモラバ、ノーシンカー、ネコリグ、ダウンショット
エリア: 藤林、馬の背、向坂、トキタボート対岸

協賛企業様 (敬称略・順不同)
霞デザインオフィス合同会社 カハラジャパン株式会社 クレハ合繊株式会社 マルキュー株式会社 株式会社イマカツ
株式会社デプス 株式会社ハヤブサ 株式会社シマノ 株式会社エバーグリーンインターナショナル 株式会社タックルベリー
株式会社カツイチ 株式会社モーリス 株式会社ゴーセン 株式会社一誠 株式会社ジャッカル 株式会社サンライン
株式会社デュオ 株式会社がまかつ

協賛品のご協力をして頂きました企業様、今回も多くの協賛品をありがとうございました。皆様からの協賛によりまして、大会が大いに盛り上がりました。
これからも学釣連では、大会を通じて釣り業界のさらなる活性化を目指していく所存です。
今後とも学釣連をよろしくお願いします。

ルアー・フライ大会実行委員長 大岡翔大 (千葉工業大学)