スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第67回関東支部ルアーフライ大会結果

開催日 2010年10月3日
場所 高滝湖(千葉県)
参加人数 40名
参加大学 千葉工業大学 東京海洋大学 学習院大学 成城大学 立教大学 中央大学 芝工業大学

順位 大学名 氏名 本数 重量(g)
1 千葉工業大学 福永忠晃 3 2114
2 中央大学 岡山英史 3 1765
3 東京海洋大学 山野薫 3 1719
4 中央大学 寺岡良真 2 1225
5 成城大学 斉藤大樹 3 1150
6 千葉工業大学 楠貴斗 2 1145
7 立教大学 山本宙 3 785
8 立教大学 鯊川 2 615
9 千葉工業大学 宮内利晃 1 334
10 芝工業大学 楠田周 2 265

新人賞及びレディース賞 鯊川
ビッグフィッシュ賞 福永忠晃 44cm
ウェイイン率は27.5%

上位入賞者のキャッチパターン
 1位 福永さん
エリアは古敷谷の掘込橋下流の大きくベンドした部分の内側。そこのブレイク付近で、本湖の濁った水が上層に、古敷谷川からの澄んだ水は下層を流れていて、その境目でヒット。
ルアーはシャッド:osp ハイカット ピンクレディーカラー、ミノー:イマカツ リップライザー60 イ   マカツレモンカラー で、アクションは早巻き。
キャッチしたのは4本で、最大44cm、最小30cm。
 2位 岡山さん
エリアは本湖の二本柱付近と、境橋下付近、境橋下スロープ。
ルアーはアイスクリームビルシャッドとスモラバ。シャッドのアクションは早巻き。
キャッチしたのは3本で、最大38cm、最小30㎝。
 3位 山野
エリアは境橋下スロープと、鳥居前スロープ。
境橋下スロープの数m上流に、養老川の澄んだ水と本湖の濁った水の境目が出来ていた。釣れたのはスロープの下流側のエッジで、風上側だった。日が高くなるにつれよりエッジにタイトに着き、数mの差で釣果がはっきり分かれていた。釣れたのはどれもほぼ同じサイズだった。鳥居前では水深約3.5mでヒット。
ルアーはカットテール4インチでカラーはグリーンパンプキン、リグはダウンショット。アクションは常にボトムをとりながらのシェイク。
キャッチしたのは6本で、最大36cm、最小28cm。

大会当日は晴れ、トラブルもなく無事終えることができました。
ウェイイン率があまり芳しくなかったのが残念ですが、魚の固まっているエリアを見つけた人はそこそこ釣れたようです。本湖ではやはりワカサギの溜まるエリアや、水質に変化のある場所がキーだったようです。また、やはりシャッドが強い湖だということも実感しました。

協賛企業様(敬称略・順不同)
株式会社がまかつ
株式会社ジャッカル
株式会社ラッキークラフト
株式会社スミス
株式会社リトルプレゼンツ
株式会社クレハ
株式会社カツイチ
株式会社マルキュー
バスデイ株式会社ジップベイツ事業部
高滝観光企業組合

協賛ショップ様(敬称略・順不同)
株式会社ギル 武蔵小山店
株式会社ホワイトバス
有限会社バスメイト

多くの協賛を頂きまして誠にありがとうございました。おかげ様で大変有意義な大会となりました。今後とも学生のバスフィッシングのさらなる発展へのご支援をよろしくお願い致します。

PA030836_convert_20101017192615.jpg

PA030839_convert_20101017192454.jpg

東京海洋大学 山野薫




  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。